ひこねお城大使のSmile☆Smile 2014

10月の活動レポート②

by 吉嵜 希 on 2014-11-30 18:45 カテゴリー: イベント 彦根のこと  コメント ( 0 )

 
続けて書かせていただきます、
ひこねお城大使の吉嵜です。
 
 
今回のイベント記事は、
『交流都市と彦根の観光と物産展』
での活動レポートです!
 

 
 
彦根で毎年ご好評いただいている、
恒例イベントの一つ。
 
彦根の姉妹城都市である高松市や
親善都市の水戸市、また交流都市の
横浜市・敦賀市・長崎市などから
数多く出展されていました。
 
 
私も小さい頃から、各地の物産を
家族で見に出かけるのを
楽しみに訪れていました(^^*)
   
 
ひこね市文化プラザ駐車場で行われた
この物産展に、3人で伺いました。
  

 


ここでも、オープニングセレモニーでの
テープカットのお手伝いを。
 
なんと、朝早くからひこにゃんも
駆けつけてくれました〜!
 

 
 
開会直後からたくさんのお客さんで
賑わう中、私たちも会場内をぐるっと巡りました♪



 

 
 
  
美味しいものには目がない私は、
歩いては立ち止まり何かを買う
ことを幾度も繰り返し・・・(笑) 
 

 
 
 
香川の打ちたて讃岐うどんを
3人でいただきました〜
 

 
コシがあって、食べ応え◎!
とっても美味しかったです(^ω^)
 

 
 
写真右上のカップに入っているのは
びわ湖名産「小鮎の天ぷら」
 
その天ぷらが売られていた 
あゆの店きむらさんブースでは、
塩焼きの実演販売も!
 

 
ちなみに、鮎を焼いているのは
観光協会の木村副会長でした(・∀・)☆
 
 
 
 
 

  
この日はお天気が良かったので、
お仕事を終えた午後は佐和山へ。
 

 
 
前々から温めてきた企画、
彦根についての自主勉強会です。
 

 
 
ボランティアガイドさんと
龍潭寺にて合流し、登山開始。
 
石田三成像の前を通り、お寺を
抜けるルートで登りました。
 

 
 
途中、発掘作業中の場所も。


 

険しい道を登りきり、
なんとか頂上に到着・・・!
 


かつて佐々木氏により築かれ、
安土桃山時代には石田三成が
城主を務めた、佐和山城趾。
 

 
彦根城が築城されるまで、近江の
要衝を守る城として位置づけられていた
佐和山に登って見える景色から、
とても長い歴史を感じました・・・
 

 
 
山から彦根城を遠目に見ることは
普段になく慣れていないためか、
なんだか不思議でした〜。
 
 

 

約2時間の佐和山登城。
 
想像以上の”リアル”ハイキングで、
帰る頃には足が笑うほどでしたが、
登ることが出来てよかったです。
  
 
実際に登ったことで気づいたことは、
他にもありました。
 
所々、道が整備されていなかったり
紛らわしい標識があったりするので、
ガイドさんの案内無しでは、道に
迷う危険性があるのが実情であると
身をもって感じました・・・。
 
 
そのため、少しでも早く改善されて、
どなたでも気軽に佐和山への登城を
楽しんでもらえるよう、より安全な
コースが整備されることを願います!!
 
 

コメント

この記事に対するコメントの受付は終了しました。